カマグラゴールド通販をする前にチェック!正しい飲み方と副作用

カマグラゴールドは正しく飲まないと効果が出ない
カマグラゴールドは日本で未認可のお薬のため、個人輸入で入手します。
個人輸入で医薬品を買う場合、医師からの処方せんを貰う必要がありません。

つまり、正しい薬の飲み方を教えてくれる人がいないのです。
そのため自分で情報を収集する必要があります。

全ての人にカマグラゴールドが合うとは限りません。
どのような症状がでたら危険なのか副作用を知っていれば、万が一のときも安全です。
この記事では、カマグラゴールドの正しい飲み方と副作用について紹介します。

カマグラゴールドを通販するなら薬の服用方法は絶対守ろう

カマグラゴールドの服用前に確認すること
カマグラゴールドは50mg、100mgがありますが、それは身体の大きな外国人に向けた用量です。
日本人が飲む場合は25mg~50mgの用量が推奨されています。
効き目が強い分、副作用のリスクも高いため飲み過ぎは厳禁です。

カマグラゴールドは噛んで服用しても吸収の早さに変わりはありません。
苦味が強い薬ですので噛まずに飲み込みましょう。
服用間隔は24時間以上あけることを守れば、連日の服用も可能です。

用量 1日1錠25mg~50mgを目安とする
服用間隔 24時間以上あける
服用タイミング 性行為1時間前、空腹時は30分ほどで作用
お酒との併用 適量であれば可能
食事の影響 食事と併用すると効果が半減。空腹時の服用推奨
服用に適した飲料 水、ぬるま湯、お茶、ジュース、コーヒー
服用に適さない飲料 牛乳、グレープフルーツジュース

カマグラゴールドの食事の影響について

カマグラゴールドは腸で吸収されるお薬のため、食事の影響を受けやすい特徴があります。
脂質の高い食事は、腸に脂の膜を張り、カマグラゴールドの有効成分の吸収を邪魔します。
効果を十分に実感するためには、空腹時に服用しましょう。

空腹時にカマグラゴールドを服用し、成分が身体に吸収された後は、食事をしても大丈夫。
はやくて30分ほどで吸収されます。

しかしながら、性行為がいつになるのか。
タイミングが計りづらいこともありますよね。

カマグラゴールドの作用時間は5時間。
事前に飲んでいても薬の効果が切れてしまうのではないかという不安があります。

食後にカマグラゴールドを服用する際には、そば、うどん、寿司などの油分の少ないメニューを選び、腹6~7分目に抑えましょう。
およそ2時間で消化されるので、その後カマグラゴールドを服用してください。
焼肉やステーキ、中華など油分の多い食事の場合、食後の6~7時間は油がとれず、効果が得られないため、注意が必要です。

カマグラゴールドとアルコールの併用

適度な飲酒はリラックス作用があるため、精神的な問題で勃起ができない方にオススメです。
しかし、飲みすぎてしまうと脳からの神経伝達が悪くなり、勃起がしづらい、射精できなくなることがあります。

また、薬の効果により血の巡りがよくなるため普段よりもアルコールの周りが早くなり、泥酔してしまうことも。
性行為自体が困難になる場合もありますので注意しましょう。

カマグラゴールドの服用に適さない飲料

牛乳、グレープフルーツはカマグラゴールドの服用におすすめできません。
牛乳は、脂質の高い食事と同じ原理で、膜を張り薬の吸収を阻害し、効果を半減させます。
逆に、副作用が強く出てしまうことが気になるという方にはおすすめの飲み方です。

グレープフルーツには、血中濃度をあげる「フラノクマリン」という成分があります。
この成分がカマグラゴールドの有効成分「タダラフィル」の効果を増幅させ、副作用を強めます。
グレープフルーツが含まれる、メニュー、ジュースやお酒は避けましょう。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用の症状
カマグラゴールドは、効果の強い薬のため、副作用が約9割の方に現れるという事実があります。
しかし、その副作用のほとんどが少し時間が経てば治まる軽い症状です。

カマグラゴールドの副作用の主な原因は、有効成分「シルデナフィル」の血管拡張作用によるものです。
特に現れやすいのが頭痛やほてり、目の充血です。
服用から30分~40分ほどで副作用が現れます。

【カマグラゴールドの主な副作用】
ほてり、熱っぽさ、動悸、頭痛、めまい、胸痛、鼻炎、目の充血、視覚症害

稀に起こる重度の副作用が現れた場合は、すぐに病院を受診しましょう。
勃起持続症は、4時間以上勃起が続き、痛みがある場合は危険性が高いといえます。
急激な視力低下は最悪の場合失明に至ることもあります。

【カマグラゴールドの重度の副作用】
勃起持続症、視力低下、低血圧、高血圧、不整脈、記憶力低下、不眠症、呼吸障害、心筋梗塞

カマグラゴールドの副作用を軽減する方法

副作用の軽減には、用量を減らすのが1番簡単な方法です。
カマグラゴールドをピルカッター、はさみで半分、また4分の1にカットし服用しましょう。

頭痛の副作用が現れた場合は、市販の頭痛鎮痛薬「ロキソニン」や「イブ」「バファリン」などを併用することができます。

1度服用してみて頭痛が現れた場合は、次回の服用時にカマグラゴールドと同じ服用タイミングで鎮痛剤を飲むのがいいでしょう。

胸やけに対しては胃酸を抑える薬が有効です。
市販薬で購入できるH2ブロッカーの配合されている「ガスター10」。
また処方薬プロトポンプ阻害剤の「タケプロン」が併用できます。