カマグラゴールドは個人輸入でゲット。買い方ガイド

カマグラゴールドの購入方法
カマグラゴールドはバイアグラと同じ有効成分で効果は抜群ながら、価格の安さが特徴のジェネリック医薬品です。
日本で未認可の医薬品となっており、カマグラゴールドを入手するには、個人輸入をする必要があります。

個人輸入は、やりとりに手間がかかりそう、詐欺に合うリスクなどの不安点があげられます。

しかし、安全な個人輸入代行通販サイトを利用すれば、面倒なやりとりもなくスマホ1つで簡単にED治療薬を注文することが可能です。

今回は個人輸入のルールにと安全なサイトの選び方について紹介します。

カマグラゴールド通販で知っておくべき個人輸入のルール

個人輸入のルールとは?
初めての個人輸入は不安がありますよね。

かくいう私も初めて個人輸入をした時は、
「外国から医薬品を取り寄せるって大丈夫なの?」
「日本語しかわからないけど、どうやって取り寄せるの?」
「税関の手続きとか全く分からない」
「詐欺に遭うのではないか」などと不安なことだらけでした。

でも大丈夫。
個人輸入は、厚生労働省でも認められており違法行為ではありません。

安全な個人輸入代行サイトを利用すれば、通常の通販のように欲しい商品を選んで待つだけ。
難しい税関の手続きも済ませてくれます。

個人輸入のルールはたったの3つです。

・個人で使うものとして輸入
・譲渡、販売を行なわない
・輸入量を守る(用法、用量からみて1ヶ月以内)

まず1つ目は、医薬品は個人で使うものとして輸入すること。
自分の身体にあうお薬であったとしても、他の方の身体に合うとは限りません。

個人輸入で購入した医薬品は、すべて自己責任のもと服用するという前提です。

そのため、万が一健康被害にあっても、製薬会社、卸業者、個人輸入代行サイトは責任を負うことができません。
友人に譲渡するのはやめましょう。

大手通販サイトは薬機法という法律があり、通常医師からの処方せんが必要な医薬品の販売ができません。

海外医薬品を大手通販サイト、またフリマアプリ等で販売するのは法律に違反する行為のため厳禁です。

最後に輸入量の厳守です。
医薬品の場合、用法用量からみて1ヶ月分までは個人輸入が認められています。
1度に大量に購入すると、販売、譲渡を疑われる可能性もあるため、ルールをきちんと守りましょう。

カマグラゴールド通販で安全な通販サイトの選び方

安全な個人輸入代行サイトは?
個人輸入で不安なのは、偽物が届く、ぼったくりといった詐欺ですよね。

実際に、日本で正規ED治療薬を販売製造する製薬会社4社が、ネットで流通しているED治療薬が本物であるか調査したところ、約半分が偽造品だったという結果がでています。

このような詐欺被害に遭わないためには、良心的なサイトを選ぶことが大切です。
ここからは、安全な個人輸入代行サイトの選び方を紹介します。

安全なサイト?チェックリスト
・特定商取引法の遵守
・長期運営ができているか
・適正な価格であるか
・電話対応を行なっているか
・荷物の追跡ができるか
・セキュリティがしっかりしているか
・第三者機関による商品鑑定書の掲載

特定商取引法の遵守

特定商取引法とは、事業者による違法、悪質な勧誘行為を防ぎ、消費者を守るための法律です。
通販は消費者トラブルが起こりやすく事業者が守るべきルールと、クーリングオフなどの消費者を守るルールがあります。

そのため特定商取引法を開示しているサイトは安全です。
「特定商取引」「特商法」というページがサイト内に設置されているか、確認してみましょう。

長期運営ができているか

運営歴の長さは、ユーザーが満足できるサービスを提供出来ているという証です。
サイト内の口コミも見てみましょう。商品のクオリティチェックができます。
稀にサクラと思われる口コミもあるので要注意。

適正な価格であるか

他のサイトに比べ商品価格が高すぎたり、安すぎたりすると怪しいです。
安すぎる場合、届いたら偽物の薬で効果がなかった。

平均価格を調べずに購入したら実はぼったくりだったということも。
購入時には別のサイトと値段を比較し、トラブルを未然に防ぎましょう。

電話対応を行なっているか

メール対応は電話に比べレスポンスが遅くトラブルをすぐに解決するのが難しいです。
届いたものが偽造薬だった場合、取り合ってくれない可能性もあります。
利用前に電話対応サポートがあるか確認してみましょう。

荷物の追跡ができるか

個人輸入では、海外から発送を行なうため、現在どこに商品があるのか知ることができる荷物追跡機能があると安心です。
入金しても発送されないという詐欺被害を未然に防ぐことができます。

セキュリティがしっかりしているか

ホームページのURL がhttpsから始まるサイトは通信内容が暗号化されており、個人情報が漏れないようなセキュリティとなっています。

第三者機関による商品鑑定書の掲載

購入した医薬品が本物か、偽物か見た目だけで判断するのは困難です。
第三者機関による鑑定書は、医薬品が正規品であるという証明で安全性が高いといえます。